第164回例会『蟹工船』

蟹工船HP用.jpg2018年7月・8月

劇団名=東京芸術座
原作=小林多喜二
脚色=大垣 肇
演出=印南貞人 川池丈司
出演=北村耕太郎 井上鉄夫
   笹岡洋介 下落合秋  他

ストーリー

 昭和のはじめのころー。
 食いつめて"自分を売る"より仕方がなくなった男たちが、函館の港に集まって来た。蟹工船・博光丸はボロ船で、カムサッカの荒海でメリメリと音をたてて鳴っている。漁夫、雑夫たちは重労働と粗悪な飯で体を悪くした。何人もの漁夫が、この北の海で死んだ。「このままでは殺される」・・・。
 1968年小林多喜二没後35周年記念公演として上演、2010年3月劇団創立50周年企画として「蟹工船」を甦らせました。ダイナミックな群集劇が評判となっています。

例会場

千葉市民会館大ホール     7/23、24、25、26
四街道市文化センターホール  8/4


2018年1月 4日 17:15更新