第181回例会『マクベス』

マクベス HP用.jpg開催月=2021年11、12月

劇団名=劇団東演
原 作=W.シェークスピア
翻案・演出・美術・衣装=
  V.ベリャコーヴィッチ
出 演=豊泉由樹緒 能登剛 
    南保大樹 他

ストーリー

 「どん底」「ハムレット」「検察官」などの作品で劇団東演とタッグを組むも急逝したロシア人演出家V.ベリャコーヴィッチの最後の演出作品を、劇団東演がモスクワ.ユーゴザバト劇場と提携し、現芸術監督のO.レウシンと共に創り上げています。ベリャコーヴィッチ追悼の思いが込められた「マクベス」はスピーディーでスリリングな、光と闇の世界を創ります。シェークスピアの「四大悲劇」の一つである「マクベス」は、実在のスコットランド王マクベス(在位1040-1057)をモデルにしています。スケールの大きいベリャコーヴィッチならではの劇世界は観る者を引き付け、ロシア人男優が演じる魔女たちと東演俳優たちとの競演は圧巻!舞台大道具の存在感は格別!
第5回例会「検察官」、第21回例会「ロミオとジュリエット」以来、ロシア演劇の持つダイナミズムを味わう作品の登場となります。

例会場

千葉市民会館 11/17 12/21 12/22
四街道市文化センター 11/23(祝)


2021年6月 8日 15:27更新